茨木市の起業家さん

茨木市の頼れる社労士『こころ社労士事務所』香川昌彦さん

経営資源の基本と言われる「ヒト、モノ、カネ、情報」(最近では、「信用」「知恵」「技術」がプラスされたりします)。

 

その中で、もっとも重要な経営資源と言われる『ヒト』。

人を雇用したり、労務管理を行なったり、就業規則を作ったり、経営者にとっては頭を悩ますこともあるでしょう。また、働く「ヒト」の健康やメンタルを、いかにして守るのか、経営者にとっては気になるポイントでもあるかと思います。

 

今回は、茨木市で社労士としてご活躍されている『こころ社労士事務所』の香川昌彦さんを取材させていただきました。香川さんは「こころの元気100%の社会を実現し、誰もが個性を活かして幸せに働く職場づくり」を理念に掲げご活躍されています。

 

会社を作るのは「ヒト」。ヒトが変われば会社が変わり、会社が変わればヒトが変わる。そんな熱い想いを持ち、茨木市で社労士としてご活躍されている香川さんをご紹介いたします!

こころ社労士事務所HP

こころ社労士事務所

茨木市の社労士「こころ社労士事務所」さんについて

本日はよろしくお願いいたします!まず最初に、「こころ社労士事務所」さんの業務内容について教えてください。

香川さん
香川さん
「こころ社労士事務所」では、就業規則、36(サブロク)協定のご依頼がやはり多いです。

しかしそれは入り口でしかなくて、納得できる働き方を提供するまでが社労士の仕事だと私は思っています。

なので、書類を提出して終わりではなく、その先のストーリーを一緒に考えるところまでをご提供しています。

ストーリー?
香川さん
香川さん
例えば、社長の想いというのは、1対1とか1対2の間であれば、コミュニケーションもしっかり取れるので割と伝わるんですよね。

ただ、それ以上になると難しくなるケースが多いんです。社長は何を考えているのだろう?とか、何を評価して、何を評価しないのだろうとか。

そうなってくると、生産性が落ちてくるんです。

生産性を上げ、社長と社員が気持ちよく働くためにも、キチンとしたルール作りが必要だと私は考えています。

就業規則のようなものでしょうか?
香川さん
香川さん
法律上では社員が10人以上になったら就業規則が必要と言われているのですが、それ以前からしっかりと会社のルールを固め、理念を伝えることが大切なんです。

理念に向かって、社長はこう考えている、こういう評価をするというのを、しっかり可視化することで会社はまとまっていきます。

「こころ社労士事務所」では、そういったサポートも行っています。

キチンとしたルール作りをすることで、社長も社員も働きやすくなり、生産性も向上するんですね!ルールはどのように作り上げていくのですか?
香川さん
香川さん
法律的な骨格のようなものはあるので、社長はどうしてほしいのかをヒアリングしながら提案していく感じです。そのときに大切にしているのが社員さんの健康やメンタルも守ることです。

生産性というのを考えても、心と体が元気じゃないとパフォーマンスは絶対あげられないと思うので。

そこは「こころ社労士事務所」の理念通り、『心』に関して重点的にやっていきたいと思っています。

だから、『こころ社労士事務所』という屋号になさったのですね!

社労士になろうと思ったキッカケや出来事について

社労士になろうと思った出来事やキッカケってあるんですか?

香川さん
香川さん
資格自体は平成17年に取得しました。

もともと営業畑で働いていたのですが、諸事情で総務部に配属されたんです。営業部とはまったく違った畑違いのところで何をして良いのかわからず…当時の人事部長に相談したところ、社会保険労務士の勉強を勧められたのがキッカケです。

当時はそれをどうこうするとは考えておらず、普通にサラリーマンをしていました。

社会保険労務士の資格を活かして仕事をしようと思ったキッカケとかってあったのですか?
香川さん
香川さん
実はメンタルを崩してしまいまして。10年間ブランクがあり就労移行支援施設でリハビリをして、さぁ就職しようと思ったのですが、今後を考えたときに厳しいなと…

せっかく資格も持っているし、もう一度法律を勉強し直して開業を決意しました。

仕事を通してストレスを抱えてしまい、メンタルヘルス不全になられる方が多いので、そういった方を増やさないよう、もしそんな方がいたら支えてあげられるような社労士になろうと思い、「こころ社労士事務所」を立ち上げました。

開業、その後「大変だったこと」

開業したときに、大変だったことってありますか?

香川さん
香川さん
2020年の1月に開業したのですが、3月にコロナ禍がはじまってしまいまして…営業不能になってしまったんです。

自分が当初思い描いていた営業スタイルがなくなっちゃったんですね。だから2020年4月は、ほぼ収入が0ですね。

そこからどのように集客をしていったのですか?
香川さん
香川さん
当時3つの団体がありまして、そのうちの一つが「即戦力(*)」という一般社団法人の団体でした。こちらの団体に入らせていただいて、アドバイスをいただきながら苦難を乗り越えました。

そこと出会っていないければ、多分いま別の仕事をしているかもしれません。

「即戦力」さんとはどのようにして出会い、加入されたのですか?
香川さん
香川さん
たまたまFacebook広告で流れてきたんです。

「未来を変える働き方講座」というのを月に2回やっているのですが、それが今の自分にピッタリだと思ったんです。本当に、当時は未来が見えなかったですし。そこで、当時のビジネスモデルを「即戦力」の方にお話をしたんです。

もう愛の鞭でビジネスモデルの甘さをめちゃくちゃ指摘されまして。

当時はものすごく凹んだんですけど、ここにいたら何とか自分は前に進めるかもしれないと思いました。

(*)一般社団法人 即戦力HP

一般社団法人 即戦力

開業、その後「良かったこと」

それでは逆に、開業してよかったと思うことってありますか?

香川さん
香川さん
ありきたりですけど、自分のペースで働けるところですね。私の病気は躁うつ病といって、克服したとはいえ、完全に治る病気ではないんです。

自分の体調の波を考えながらスケジュールを組むことができるのが、よかったところかもしれません。

あと最近思うのは、嫌な人とは仕事しなくていい、選ぶ自由があるというのも独立しないと分からなかったことだと思います。

今後の夢

これからどう事業を進めていきたいとかありますか?夢とか聞かせてください!

香川さん
香川さん
社員が辞める理由って、大体人間関係なんです。社長さんって人が集まらないのは給料が低いからだとか、誤解しているケースが多くて。実はそうじゃなくて、働く環境がとても大切なんです。

働く環境の良し悪しって、人間関係も包括されていると思うんですよ。

その人間関係を円滑にするには、社長と社員であったり、社員間であったりのコミュニケーションをキッチリしておくこと。そこで価値観の共有が大切になってくるんですけど、実は互いにどんな価値観を持っているかって、あまり共有できていないんです。

そこの仕組みを作っていきたいと考えています。

例えば月に1回、「仕事の話禁止会議」みたいなのを開催して、そこに私がファシリテーターとして入ったり。

そういうのがあれば、互いに興味も湧くし、知らなかった部分を知ったりもできるし、会話もより増えますよね。素晴らしい仕組みだと思います!

最後に、メッセージをください!

最後に一言!というと難しいと思うのですが(笑)

いま現在のお客様、あと、未来のお客様に向けて何かメッセージをお願いします!

香川さん
香川さん
2年ちょっと、社員のメンタルケアなんかもさせていただいて、実は社長のほうが病んでいるなと感じたことがあります。

社会保険労務士っていうのは人に関するプロフェッショナルだと考えていただいていいので、社員に言えないこと、経営者間の悩みなど、何でもお話ししてほしいと思っています。

私ができる範囲なら相談にのりますし、人をご紹介したり提案したりもできます。

また、社員と良好な関係を作りたいけれど作り方がわからない。逆に作るのを諦めているというような方は、1時間無料相談を行なっていますので、気軽にこちらの門を叩いていただければと思っています!

事務所に掲示されている「こころ社労士事務所」の経営理念

インタビュアーから見た香川昌彦さん:裏話

香川さんとは茨木市のオンライン交流会でお知り合いになりました。

その後も親しくしていただいていたのですが、私の会社で人を雇用することになり「何の手続きをしたら良いのかサッパリわからない!」と真剣に困る出来事がありまして。ふと(あ!社労士の香川さんに相談してみよう!)と思い、香川さんに手続きなどをお願いさせていただきました。

香川さんのことは信頼していましたし、何よりいつも親身になってお話を聞いてくださるので迷いなく「人を雇用することになったのですが、困っています!手続きなどお願いしたいです!」と。交流会の名刺交換タイムに香川さんを捕まえました(笑)

結論から言いますと、香川さんにお願いして本当によかったです!ヒアリングも丁寧、親切で。私が何度も何度も書類を書き間違えるのですが、その度に親切に教えてくださいました。(ほんとに何度も書き間違えました…)

取材中なのに「こういう場合ってどうしたらいいんですか?」と普通に質問をしてしまったのですが、とても丁寧に答えてくださり、香川さんのお人柄にすっかりファンになってしまいました。

茨木市で社労士をお探し&就業規則作りに悩んでいるのなら

  • 従業員を今後、増やしていきたいと真剣に考えている
  • できる限りホワイトに、従業員と良き関係を築きながらより、良い組織を作ろうと取り組んでいる

そんな経営者の方に、「こころ社労士事務所」の香川昌彦さんを全力でおすすめします!

 

とても優しく穏やかなお人柄で、どんなに小さなお困りごとにも全力で受けためてくださる方です。

私も今後従業員をさらに増やしていきたいと考えているので、そのときにまた、香川さんを全力で頼ろうと思っています!!(頼りにしています!)

 

「こころ社労士事務所」に相談したいという方は、以下HPをご覧くださいね^^

香川さん、この度は取材させていただき本当にありがとうございました!

こころ社労士事務所HP

こころ社労士事務所

ABOUT ME
mirai-career
(株)みらいきって代表取締役 大阪に住む3姉妹のお母さん|国家資格キャリアコンサルタント|コンテンツ(HP、HP、冊子、チラシ、バナー、WEBサイト制作)事業|好きな食べ物は鮭おにぎりとグミ >>詳しいプロフィール